10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
講談社
みひろ 時計

テレクラ
九州新幹線「つばめ」
一定時間に電車が変わります。
電車画像 Powered by SEO
青山テルマ 届けたい… feat. KEN THE 390
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
313系

113系、115系に代わるJR東海の通勤列車のスターとなった313系。



現在は東は熱海、西は米原まで、JR東海の全ての路線で当たり前に見られるようになった顔だ。

313系の始まりは今から10年前の1999年。最初に投入されたのが中京地区の東海道本線だ。4両の0番台と2両の300番台があり、名古屋近郊ではこれらを併結して6両編成で走る姿が見える。また名古屋では当時、113系や211系などの国鉄型車両も混じって活躍していたが現在は113系は同地区から消滅している。そして後に中央本線に1000番台を投入、更には静岡地区のローカル線にワンマン運転対応の2両編成3000番台が登場した。そして中央本線名古屋〜中津川間の座席定員制の「セントラルライナー」用8000番台も登場している。この時期に製造されたものは行き先表示が幕であるのが特徴だ。

そして2006年にJR東海では113系と115系を全面的に置換える為、中京地区だけでなく静岡地区へも投入の手が及んだ。中京地区には6両貫通の5000番台、静岡地区には2両編成の2300番台と3両編成でローカル運用非対応の2500番台、ローカル運用対応の2600番台が製造され、更には3000番台に関しても増備が行われた。また同時に中央本線や飯田線、篠ノ井線などに1000番台が投入されている。この時期に製造されたものは全てフルカラーLEDの行き先表示になっている。

ちなみにここでは2500番台と0,300番台を並べてみることにした。前に顔を出しているのが2両編成の300番台である。



0,300番台がいる右奥の留置線には3000番台を先頭に後方には2300番台を連結して2+2両の計4両編成で停車中だ。

これはフラッシュをたいたもの。フラッシュをたいていないとやたらボケてしまうのだ。でも実車はフラッシュをたくと下手すれば怒られる場合もある。私も間違ってやってしまったことがあるが皆さんも注意して!!



テールライト点灯時。最新鋭の2500番台は行き先表示までもが光る。



ヘッドライト。最新鋭の2500番台などは貫通扉上にLEDランプ、運転台下にHIDランプを使用している。白熱灯だった初期車と比べると大きな違いがある。



ちょっとピンぼけであるが、シルバーシート表示が刷り込まれている。ちなみにシルバーシートという名前は1999年8月1日を以って廃止され、それ以降は現在まで優先席という名称に変わっている。シルバーシートから優先席に変貌するギリギリ前に登場した車両。

新幹線エキスパート | 車両模型 | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
寝台特急「はやぶさ」

今日はTOMIXで先日発売されたさよなら富士・はやぶさセットのうちの「はやぶさ」についてピックアップしてみることに・・・。

実車である寝台特急「はやぶさ・富士」号は、2009年3月14日を以って廃止され、14日に東京に到着した車両はその日の夜よりEF66に牽引されて九州へ回送された。現在、客車は一部については波動用に残されており、現在でも九州管内でのリバイバル運転や団体臨時列車に充当されている。また一部の車両は今後、ホテルとして運営される為に業者に買取られた。昨年に廃止された「なは」のDUET車を含む2両もホテル用に使われたということから、これに続くものといえよう。

さて、最終的には「はやぶさ」「富士」両列車共、14系客車6両1ユニットが用いられた。東京〜門司間はこれらが2ユニット合わさった12両編成で運転される。両列車に使用される14系のスペックは全く同じである。今回のTOMIXから発売されたセットは3月13日に東京駅を出発した最終下り編成を再現しており、電気機関車4台を含む非常に高価なセットとなっている。



自宅にある小さなレイアウトで12両(機関車を含めて13両)で走らせる事はギリギリ可能ではあるが、今回は門司から先に「はやぶさ」と「富士」が分割された後の様子を再現してみた。牽引を担当する電気機関車はED76型。九州区間は交流電流の為、交流用ED76が九州内の牽引を全て受け持っていた。

今回、所有している3台のED76のうち2台が、パンタグラフの修理中にそれを破損してしまい、現在は模型専門店に問合わせてパンタグラフを入手しようとしているところだ。

そして続いては客車へ焦点を当てる事に。



こちらはオロネ14-3000。2号車のA寝台「シングルデラックス」。1人用個室であった。



Nゲージには個室と通路を隔てる扉を再現したフィルムを、車体と台車を分離させて両面テープなどを使って貼り、忠実に再現させることができる。私の場合は木工用ボンドを使って取り付けただけなのだが・・・・。



こちらはオロネ14-2000で、1人用B寝台個室SOLOの車両。この他は全て開放式B寝台である。



実を言うと私も、廃止前にこのブルートレインに乗車した一人である。私が乗ったのはこの5号車であるオハネ15。このスハネとかオハネにあるネと言う記号は寝る=寝台車を意味する。



最後尾の6号車。東京〜門司間はこの後に「富士」の編成の6両を連結する。6号車の後方では、朝に朝食やコーヒーを販売していた。

現在残るブルートレインも後々引退する運命に遭うのは時代の流れとして素直に受け止めなけれなならない。ただ九州新幹線全通の2年前である今年に廃止となったのは少し残念だが、東海道ブルトレの歴史にピリオドを打ったのがこの列車の廃止であったのだ。

元々「はやぶさ」と「富士」が併結運転を行うようになったのは2005年3月。その年には東京発の寝台特急「さくら」「あさかぜ」が廃止され、当時「さくら」と併結していた「はやぶさ」が「さくら」の廃止を受けて「富士」と併結するようになったのだ。それにより使用される客車を24系から14系に変更。これら2列車の併結は4年間続いた。

2005年10月下旬あたりには「彗星」も廃止され、当時「彗星」と併結していた「あかつき」が「彗星」廃止を受けて「なは」と併結するようになった。その後2006年3月のダイヤ改正では寝台特急「出雲」が廃止となった。その年のダイヤ改正で東海道線東京口からは113系も引退した。2007年3月の改正では東京口からは特急「東海」が廃止された程度でそれほど大きな動きはなかったものの、翌2008年3月から大きな動きが始まった。寝台急行「銀河」の他、寝台特急「なは」「あかつき」が廃止されて「北斗星」「日本海」も1日1往復に減便された。この年に「はやぶさ」「富士」も廃止になると思われたもののこの改正では廃止が見送られた。が、この年の3月の改正から翌年3月の改正でこの2列車が廃止になるということについては多くの人が予測済であったといえよう。

そして今年3月の改正でついにこの2列車が廃止され、これによって残る寝台列車は「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」「カシオペア」「北斗星」「日本海」「あけぼの」「北陸」「トワイライトエクスプレス
」「きたぐに」のみとなった。東京発のブルートレインは40年近くの節目で幕を下ろしたのだった。

非常に高価なセットであるがブルートレインに興味のある模型テツの方は超必見の1品だ。

新幹線エキスパート | 車両模型 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
201系「四季彩」

昨日は電車の中に忘れてしまい、沼津駅忘れ物センターで半日を過ごした201系「四季彩」。本日、私の部屋にある小さなレイアウトを使って初試運転を行った。



実車は今年7月20日を以って営業運転から引退し、23日に廃車となった。今回は引退まで活躍した新塗装の「四季彩」を取り上げてみる。

「四季彩」の産みの元となったのは当時、豊田車両センターの訓練車として使用されていた4両編成1本で、2004年7月に写真の模型のような塗装に変更された。基本的に土曜・休日の青梅〜奥多摩間の普通列車の運用に就いていたが臨時列車として南武線や富士急行線にも乗入れるなど、観光目的で様々な方面へ貸し出された実績がある。また、201系の長野への廃車回送を行うにあたり、回送ルートとなる篠ノ井線の乗務員訓練用にもこの「四季彩」編成が貸し出された。

だが老朽化の為、今年6月28日を以って定期運用から離れ、それ以降は7月20日まで不定期でさよなら運転を行い、さよなら運転を終えてからは長野へ自力回送されて7月23日付けで廃車となった。

「四季彩」は4両編成の車体に、春、夏、秋、冬をイメージしたデザインが描かれている。



青梅寄りの先頭車である1号車には、春の風物詩でもある綺麗な桜が描かれている。



車両後部には、一片の桜の花が描かれている。



続いて青梅寄りから2両目にあたる2号車は緑溢れる夏の山が描かれている。



2号車の後方にはレンゲショウマの花が描かれている。



続いて3号車。描かれているのはちょうど今頃である秋の紅葉。



車両後方には、紅葉真っ盛りの山が描かれている。



最後は奥多摩方の先頭車である4号車。最後は勿論冬。冬至の日に風呂に入れるのがこの柚。



運転席周辺には、雪の結晶とダークな冬山が描かれている。

「四季彩」という名前から分かる通り、四季折々の車体。ちなみに行き先表示に関しても「回送」などの表示を除いて全て季節らしいイラストが行き先と共に刷り込まれている。

また車内は片側をロングシート、もう片側をクロスシートで構成しているが、ロングシート部分の窓は田の字でもクロスシート部分の窓は田の字ではないが模型に限って両側とも田の字になっている。

新幹線エキスパート | 車両模型 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
更新が滞り過ぎてすみません。

何気に鉄道模型は他の2つのカテゴリーよりネタが少ないのでなかなか更新できていない。アクセス数も上がっておらず、とにかく頑張って更新せねばと思った。

さて、今日のネタは自宅での走行。



写真の313系は前にも取り上げた2300番台。2両編成のユニットである。先日のポポンデッタでの走行の時は2両単独で走らせていたが今回は・・・・



おや、別の編成がくっついているぞ。これは同じのを2つくっつけている訳ではなく、同じKATO製の違う製品とこの2300番台との連結シーン。



今回その対象車となったのは313系3000番台。静岡地区では1999年に御殿場線と身延線で営業運転を開始している。ワンマン運転対応のセミクロスシート車だ。こちらは初期の編成で、行き先表示が幕式になっている。

実際に他の313系や211系と併結する運用にも入っている。行き先案内は2300番台との併結に合わせて「普通 沼津」に設定。今回は2300番台との併結を再現しており、実際に御殿場線や東海道線を走る様子を再現してみた。ただ手持ちのレイアウトは単線なので、御殿場線を再現していることになる。

ちなみに併結・解結を行う際はヘッド・テールライトを付けたり消したりすることができる。その方法などを次回紹介する。

新幹線エキスパート | 車両模型 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/2PAGES | << |