11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
講談社
みひろ 時計

テレクラ
九州新幹線「つばめ」
一定時間に電車が変わります。
電車画像 Powered by SEO
青山テルマ 届けたい… feat. KEN THE 390
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< N700系量産車 | top | 懐かしの「グランドひかり」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
事業用車両 922形10番台T2編成

今回紹介するのは、新幹線の安全を守る通称「ドクターイエロー」と呼ばれる事業用車両。普通の営業用の形式とは異なりこの車両に一般の乗客が乗ることはできない。



顔立ちが0系そのものであるこの922形は1964年6月に、モデル線で使用されていた1000形のB編成を、A編成の電気試験車→救援車という順の改造と同時にこのB編成も電気・信号系統の測定車に改造された。1000形はA編成が2両編成、B編成が4両編成で、4両のB編成は1000形→922形へとそれぞれ形式を変えた。

後の1974年より0系1・2次車の廃車が始まると同時にこの1000形A編成、922形0番台も同時に廃車され0番台の置換え用として博多開業に向けて今回紹介する写真の922形10番台が登場した。0番台は4両編成という運用上不都合な面が多かった為10番台より7両編成とした。正式には922形6両と軌道検測車の921形1両を組み込んで7両編成となっている。また1979年にはT2編成の増備分として20番台のT3編成が製造され、2編成のドクターイエローが姿を表した。

国鉄が民営化されて以降、T2編成はJR東海に、T3編成はJR西日本に配置された。後にT2編成は老朽化により700系ベースの923形T4編成に取り替えられることとなり、2001年1月26日の東京から博多までの検測を最後に廃車となった。またT3編成も2005年9月30日付けで廃車となり、T3編成は同じ923形のT5編成により置換えられた。T2,T3は営業用車両で平均15〜20年しか活躍できないところ双方とも27年活躍という新幹線車両ではかなりの長寿を誇った。

新幹線の事業用車両がなぜ車体を黄色にしたかというと、営業用車両と勘違いして一般客が誤って乗車するのを防ぐ為であるといわれている。この事から「ドクターイエロー」という愛称が付けられたといえよう。東海道・山陽新幹線では定期的に停電ダイヤと通電ダイヤの2種類で東京〜博多間の架線、線路、信号システム等新幹線の走行に関る点検を走りながら実施している。停電ダイヤでの検測は「こだま検測」、通電ダイヤでの検測は「のぞみ検測」と呼ばれ、通電ダイヤの場合、基本的に臨時「のぞみ」のスジで走行する。検測データは新幹線情報管理システム(SMIS)に送られ、それぞれ乗り心地の改良や安定した集電、信号トラブルの未然とした防止などを目的とした保線作業のデータとして使用されている。

今回は922形10番台T2編成を1両ごとに解説。その車両が行う具体的な試験内容を合わせて書いていくことに。



東京寄り先頭車である7号車。架線磨耗測定車として架線の状態を検査する車両である。



救援車である6号車。



軌道検測車である5号車は他の車両と比較すると車長が短い。この5号車のみ921形とされている。



4号車は倉庫・休憩室として扱われる車両でボックスシートを装備。かつて寝台新幹線構想があったことから寝台としての使用も可能。



電源車として使用される3号車。



データ処理車である2号車。



博多寄り先頭車である1号車は通信・信号・電気の3点を測定する車両である。

2001年まで活躍した922形T2編成。2005年まで活躍したT3編成とは窓が大窓か小窓かで異なる。さぁ、パンタグラフがある近くの車両にはこのような物が・・・。



7,6号車の連結部分であるが、6号車の最も左側の屋根から最初にある突起部分を見てもらいたい。この突起部分、実は観測ドームといい、近くにあるパンタグラフを見る為に設けられたパンタグラフ観察スペースとなっているのだ。この場所からパンタグラフを眺めつつ架線の様子を目で確認することができる。エネルギー貯蓄用のパンタグラフと検測用パンタグラフ両方が設けられているのにも注目。

黄色、それは幸せをよぶカラー。巷で「幸せを呼ぶ黄色い新幹線」なんて呼んだりまで・・・。もしこの黄色い新幹線を見たら、その日あなたは1日が幸せになるのかもしれない。

新幹線エキスパート | 車両模型 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 20:54 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL: