07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
講談社
みひろ 時計

テレクラ
九州新幹線「つばめ」
一定時間に電車が変わります。
電車画像 Powered by SEO
青山テルマ 届けたい… feat. KEN THE 390
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< あけましておめでとうございます。 | top | 事業用車両 922形10番台T2編成 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
N700系量産車

今回はN700系について公開。



N700系は東海道・山陽新幹線の次世代形式としてJR東海とJR西日本が共同で開発、2007年7月1日より営業運転を開始した。ここでは説明は簡潔に行うが、もっと詳しく知りたい人はこちら・・・。

2005年3月に量産先行車Z0編成が落成し、実際に営業を行う区間内で走り込みによる試運転を実施。以後2007年より量産が開始され、最終的に全ての「のぞみ」を本形式で運転する計画となっている。JR東海保有車がZ編成(0番台)、JR西日本保有車がN編成(3000番台)、JR西日本保有の山陽ー九州直通用がS編成(7000番台)、JR東海保有の試作車Z0編成(9000番台)となっている。今回はKATOより量販されているJR東海所有のZ編成のトップナンバーであるZ1編成の外観を紹介。



まず、博多寄り先頭車のみ線路に乗せ、パワーバックの電源を入れてヘッドライトを点灯させてみた。実車同様、HIDランプのヘッドライトが再現され、割と鮮やかに・・・。



KATOの商品は部品が既に取り付けられている上、車番や行き先表示等のロゴも刷り込まれた状態で販売されているので買ってすぐに走行を楽しむことができる。その分値段は高いのだが、完成度が高いものが非常に多い。



まさに未来の新幹線ともいえるフォルム。現在も増備が進行中で来年度の改正で山陽直通の定期「のぞみ」の全列車を同形式が担うこととなる。

そしてN700系で変わった点、それはカーブ通過時に車体を傾けることができる車体傾斜システムが導入されたことや車両と車両の接合部分が完全に被われている、言わば全周ホロが取り付けられたことだ。



KATOのN700系は全周ホロが明確的に再現されていること、そして走行時に実車同様、車体を傾けて走行する。



N700系の巨大化したピクトグラムやフルカラーLED行き先表示はまさに最前線ともいえよう。従来の形式と比べ、客室の窓の大きさが小型化しているのも一つの特徴である。

さて新幹線の模型はTOMIX、KATO、マイクロエースの3社が主にリリースしており、各会社が生産する編成の種類もそれぞれ違うので形式ごとに取り上げてみよう。

東海道・山陽・九州新幹線編

0系
・TOMIXからリリースされている編成
・・・「こだま」用Yk編成と7000番台R編成(「こだま」用フレッシュグリーン塗装とウエストひかり塗装、限定品のさよならひかりセットは原色)  
Yk編成は16両編成、R編成はウエストひかり仕様が12両、「こだま」用フレッシュグリーン仕様とさよならひかりセットは6両編成

・KATOからリリースされている編成
・・・「ひかり」用Nh編成   16両編成

・マイクロエースからリリースされている編成
・・・1次車の「こだま」用N編成、1次車の1番列車「ひかり1号」用H2編成、18次車のH編成、初期お召し列車
1次車N,H2編成は12両編成、18次車H編成とお召し仕様は16両編成


100系
・TOMIXからリリースされている編成
・・・0番台の国鉄量産のX編成とJR東海量産のG編成、3000番台と5000番台の混合編成であるJR西日本所有フレッシュグリーン塗色「こだま」用K編成(P編成も再現可能) 
X,G編成は16両編成、K編成は6両編成、P編成は4両編成であるがフレッシュグリーン仕様はK編成に準じた6両編成でリリースされている。量産型を発売する前は試作車X0編成を7両セットで販売していた。

・KATOからリリースされている編成
・・・JR西日本量産の3000番台V編成「グランドひかり」  16両編成

・マイクロエースからリリースされている編成
・・・国鉄量産の9000番台試作車X1編成 16両編成


300系
・TOMIXにて今春にリニューアル新発売予定。プラグドアの初期タイプの編成を再現、パンタグラフもシングルアームタイプ交換後の姿となってリニューアル予定。JR東海量産のJ編成、JR西日本量産のF編成どちらかは不明。  16両編成である


500系
・TOMIX、KATO双方からリリースされており、JR西日本量産の0番台の16両W編成


700系
・TOMIXからリリースされている編成
・・・JR西日本量産のB編成と「レールスター」用E編成 
B編成は16両編成、E編成は8両編成

・KATOからリリースされている編成
・・・JR東海量産のC編成(初期タイプ)  16両編成


N700系
・TOMIXからリリースされている編成
・・・JR東海量産の試作車Z0編成とJR西日本量産のN編成  全て16両編成

・KATOからリリースされている編成
・・・JR東海量産のZ編成  16両編成


800系
・TOMIX、KATO双方からリリースされており、全て6両のU編成


┿業用車両
・TOMIXより923形7両編成、マイクロエースより922形7両編成のうちJR東海量産のT2編成がリリースされ、更にマイクロエースからは開業前のモデル線で活躍していた1000形(2両編成)と2000形(4両編成)のモデル線時代の姿と開業後の救援車改造後の姿が再現されたものがリリースされている。


東北・上越・長野・山形・秋田新幹線編

200系
・TOMIXからリリースされている編成
・・・リニューアル前の0番台E,F,G,K編成と200番台のH編成
E,G編成は12両編成、F編成は10両編成、K編成は8両編成、H編成は16両編成

・KATOからリリースされている編成
・・・リニューアル前の0番台E,F,G,K編成  両数は上を参考に・・・

・マイクロエースからリリースされている編成
・・・初期の0番台,200番台F編成とリニューアル後のK編成(東北新幹線開業25周年記念号含む)
F編成は12両編成、K編成は10両編成


400系
・TOMIXより旧塗装・新塗装双方の7両L編成がリリースされている。


E1系
・TOMIXからは旧塗装と新塗装双方が、KATOからは旧塗装が12両M編成で揃えられるようリリースされている。


E2系
・TOMIXからリリースされている編成
・・・東北新幹線用0番台J編成(八戸延伸前の8両編成と延伸後の10両編成双方を再現可能)

・KATOからリリースされている編成
・・・長野新幹線用0番台N編成と東北新幹線用1000番台J編成
N編成は8両編成、J編成は10両編成


E3系
・TOMIX、KATO双方より秋田新幹線用0番台R編成(6両編成)と山形新幹線用1000番台L編成(7両編成)をリリース。


E4系
・TOMIX、KATO双方より8両編成のP編成をリリース。


まぁこんな感じです。もっと詳しく知りたい方はメーカーのホームページにアクセスしてみるといいでしょう。

新幹線エキスパート | 車両模型 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 19:23 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL: