10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
講談社
みひろ 時計

テレクラ
九州新幹線「つばめ」
一定時間に電車が変わります。
電車画像 Powered by SEO
青山テルマ 届けたい… feat. KEN THE 390
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< ローカル線に現れた201系「四季彩」 | top | あけましておめでとうございます。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
レンタルレイアウト走行会Vol.3

場所:Models IMON 大井店

持参車両(全てKATO製品)

・E233系0番台中央線6+4両編成
・E233系1000番台京浜東北線10両編成
・E231系1000番台東海道線15両編成
・E217系東海道線15両編成
・E217系横須賀・総武線15両編成
・E231系500番台山手線11両編成

先月の横浜での走行会から1ヶ月以上が経ち、今日の大井町での走行会に至る。今日は大学は休講だが、仕事の関係で午前の間は取り込み、午後は走行会という形になった。前回は一部の車両を電車の中に忘れて来てしまい、特にE231系500番台(山手線)は持参の8両とレンタルの3両を組成して走らせていたのだが、今回は大型のキャリーケースを用いて運搬した為、忘れ物をすることはなかった。今回は新たにE217系東海道線も加わり走行会開始。

Models IMON 大井店は京浜東北線、東急大井町線、りんかい線の大井町駅から徒歩5分程の場所にあり、LAOXとビルを共用している。ここにはかつても何度か訪れていたが、レンタルレイアウトで車両を走らせたのは今回が初となる。レイアウトの規模もポポンデッタ横浜ビブレ店のものよりはるかに大きく、特に印象的なコースもあったほど・・・。今回はそのIMON 大井店のレンタルレイアウトの様子をこの場でじっくりとお届けしよう。



地上線2線、高架線2線と勾配線1線の5線からなる。今回は平日なので使用不能となっているE217系が走る一つ奥のレーンを除き、全レーンを2時間借りて目一杯走らせた。平日と土・休日共に1回につき一律1,260円で1レーンを借りる事ができる。ポポンデッタのレンタルレイアウトの使用料が平日は土・休日の半額だったので休日と料金が同じだったのにはちょっとガッカリだが、まぁ時間の追加もタダで行なえるので時が経つのを気にせず走らせられる。



この高架線は主に新幹線模型を走らせることを前提に設計されているが、このように在来線車両同士のすれ違いも堪能できる。実際の鉄道と同じくカーブの箇所にはレールに傾斜を入れており、高速で走る列車同士のダイナミックなすれ違いの光景がリアルに再現される。E231系1000番台東海道線とE231系500番台山手線とのすれ違いだが、実車の山手線が普段ここまで高速で走る事はまずない。



地上線を走るE217系東海道線と高架線を走るE231系山手線。新幹線を走らせる為に大回りのカーブレールを敷いている。在来線でも十分マッチしている。



地上にある謎の路面電車らしきボディーはもしや・・・??



退避線に留置されている横須賀・総武線E217系。



高架の留置線には同じE233系同士が停泊中。手前が1000番台京浜東北線、奥が0番台中央線。後半に本領を発揮する。



上の山手線が新幹線だったらなぁ〜。



続いては勾配線の様子をお届け。勾配があるローカル線はやはり短い編成の車両が似合う。今回は持参したE231系東海道線を10両と5両を別々に分割、付属5両をこのように勾配のある路線で走らせてみた。この付属5両は御殿場線の国府津〜山北間の区間運用にも就いており、都市部輸送とローカル輸送の両面を担うマルチな形式でもある。



まるで登山鉄道を思い起こさせられるかのようなカーブの多さ。カーブが多い路線である為列車はゆっくりと進んでいく。険しい坂を上ったり下りたりして大きな駅にたどり着く。



さて続いては再び高架線に戻る。列車が走る姿が良い絵になった為にこっちもムービーを撮らずにはいられなくなった。ムービーを少々記録して再び撮影に戻る。



高架線で2形式を並べて撮影する為に2列車を一旦空中停車させた。同じE231系という形式ではあるが見て分かる通り顔が異なる。左の1000番台は209系500番台から受け継がれたフェイスを持つ。









さて続いては列車を入換てE233系コンビが高架線のムードを盛り上げ始めた。平日の昼間でありながら店内はギャラリー化し、とある年配の女性客が私にNゲージってどうやって走るのか質問されたほど。実際Nゲージはコンセントから電流を供給しているパワーバックを用い、パワーバックから線路に電流を流してその電流をエネルギーに模型が走る仕組みになっている。基本電車は車体上にある架線からパンタグラフを使って電気を供給しているがこのNゲージは導体である金属製の線路に流れる電流からエネルギーを供給している。また車体下からの電気の供給なので銀座線や丸の内線あたりとはやってる事は同じなのだが・・・。





駅でのスカ色と湘南色のE217系の並び。東海道線に転属してきた編成(写真右)は元々横須賀・総武線で活躍した編成ではあるがスカ色の4+11両(下り先頭車から)とは異なり211系やE231系と同じ10+5両に組成し直されている。



最後に、横須賀線E217系が走っているかのような姿を撮影。これは片づけの合間に撮った1ショットで、撮影目的はまだこいつを単独で撮っていなかったというだけ・・・。

今回は私の他に毎週金曜の昼間にお世話になっているとある組織のメンバーのうち2名も同行。そのメンバーの中で鉄道模型を見たいという人が訪れた。さすがに平日なので人数は少なかったが、うち一人の女性は「見ていて飽きない」とコメントした。

小さなレイアウトだと正直見ているとやっぱり飽きてしまうのは私もそう。このような大きなレイアウトの場合は色々な場所から色々な角度から見る事ができるのでやはりファンにとっては嬉しい。

さて今日の買い物はこちら。



TOMIXのN700系Z0編成のうち、増結Bと増結Cの2セットを購入。右の基本セットは今から2年くらい前に購入しているが未だ走らせる事なく放置状態にあった。あとは来週火曜日にいつも利用している京都の模型店で35%値引きセールが行われるのでその際にZ0編成の増結AとN編成の基本、更にKATOのZ1編成の4両基本セットを買い、Nゲージの一連のN700系を揃える予定。今後は700系、100系、0系など、新幹線のバリエーションを増やしてレンタルレイアウトを訪れたいと思っている。

新幹線エキスパート | 模型店 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 19:00 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL: