04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
講談社
みひろ 時計

テレクラ
九州新幹線「つばめ」
一定時間に電車が変わります。
電車画像 Powered by SEO
青山テルマ 届けたい… feat. KEN THE 390
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
レンタルレイアウト走行会Vol.3

場所:Models IMON 大井店

持参車両(全てKATO製品)

・E233系0番台中央線6+4両編成
・E233系1000番台京浜東北線10両編成
・E231系1000番台東海道線15両編成
・E217系東海道線15両編成
・E217系横須賀・総武線15両編成
・E231系500番台山手線11両編成

先月の横浜での走行会から1ヶ月以上が経ち、今日の大井町での走行会に至る。今日は大学は休講だが、仕事の関係で午前の間は取り込み、午後は走行会という形になった。前回は一部の車両を電車の中に忘れて来てしまい、特にE231系500番台(山手線)は持参の8両とレンタルの3両を組成して走らせていたのだが、今回は大型のキャリーケースを用いて運搬した為、忘れ物をすることはなかった。今回は新たにE217系東海道線も加わり走行会開始。

Models IMON 大井店は京浜東北線、東急大井町線、りんかい線の大井町駅から徒歩5分程の場所にあり、LAOXとビルを共用している。ここにはかつても何度か訪れていたが、レンタルレイアウトで車両を走らせたのは今回が初となる。レイアウトの規模もポポンデッタ横浜ビブレ店のものよりはるかに大きく、特に印象的なコースもあったほど・・・。今回はそのIMON 大井店のレンタルレイアウトの様子をこの場でじっくりとお届けしよう。



地上線2線、高架線2線と勾配線1線の5線からなる。今回は平日なので使用不能となっているE217系が走る一つ奥のレーンを除き、全レーンを2時間借りて目一杯走らせた。平日と土・休日共に1回につき一律1,260円で1レーンを借りる事ができる。ポポンデッタのレンタルレイアウトの使用料が平日は土・休日の半額だったので休日と料金が同じだったのにはちょっとガッカリだが、まぁ時間の追加もタダで行なえるので時が経つのを気にせず走らせられる。



この高架線は主に新幹線模型を走らせることを前提に設計されているが、このように在来線車両同士のすれ違いも堪能できる。実際の鉄道と同じくカーブの箇所にはレールに傾斜を入れており、高速で走る列車同士のダイナミックなすれ違いの光景がリアルに再現される。E231系1000番台東海道線とE231系500番台山手線とのすれ違いだが、実車の山手線が普段ここまで高速で走る事はまずない。



地上線を走るE217系東海道線と高架線を走るE231系山手線。新幹線を走らせる為に大回りのカーブレールを敷いている。在来線でも十分マッチしている。



地上にある謎の路面電車らしきボディーはもしや・・・??



退避線に留置されている横須賀・総武線E217系。



高架の留置線には同じE233系同士が停泊中。手前が1000番台京浜東北線、奥が0番台中央線。後半に本領を発揮する。



上の山手線が新幹線だったらなぁ〜。



続いては勾配線の様子をお届け。勾配があるローカル線はやはり短い編成の車両が似合う。今回は持参したE231系東海道線を10両と5両を別々に分割、付属5両をこのように勾配のある路線で走らせてみた。この付属5両は御殿場線の国府津〜山北間の区間運用にも就いており、都市部輸送とローカル輸送の両面を担うマルチな形式でもある。



まるで登山鉄道を思い起こさせられるかのようなカーブの多さ。カーブが多い路線である為列車はゆっくりと進んでいく。険しい坂を上ったり下りたりして大きな駅にたどり着く。



さて続いては再び高架線に戻る。列車が走る姿が良い絵になった為にこっちもムービーを撮らずにはいられなくなった。ムービーを少々記録して再び撮影に戻る。



高架線で2形式を並べて撮影する為に2列車を一旦空中停車させた。同じE231系という形式ではあるが見て分かる通り顔が異なる。左の1000番台は209系500番台から受け継がれたフェイスを持つ。









さて続いては列車を入換てE233系コンビが高架線のムードを盛り上げ始めた。平日の昼間でありながら店内はギャラリー化し、とある年配の女性客が私にNゲージってどうやって走るのか質問されたほど。実際Nゲージはコンセントから電流を供給しているパワーバックを用い、パワーバックから線路に電流を流してその電流をエネルギーに模型が走る仕組みになっている。基本電車は車体上にある架線からパンタグラフを使って電気を供給しているがこのNゲージは導体である金属製の線路に流れる電流からエネルギーを供給している。また車体下からの電気の供給なので銀座線や丸の内線あたりとはやってる事は同じなのだが・・・。





駅でのスカ色と湘南色のE217系の並び。東海道線に転属してきた編成(写真右)は元々横須賀・総武線で活躍した編成ではあるがスカ色の4+11両(下り先頭車から)とは異なり211系やE231系と同じ10+5両に組成し直されている。



最後に、横須賀線E217系が走っているかのような姿を撮影。これは片づけの合間に撮った1ショットで、撮影目的はまだこいつを単独で撮っていなかったというだけ・・・。

今回は私の他に毎週金曜の昼間にお世話になっているとある組織のメンバーのうち2名も同行。そのメンバーの中で鉄道模型を見たいという人が訪れた。さすがに平日なので人数は少なかったが、うち一人の女性は「見ていて飽きない」とコメントした。

小さなレイアウトだと正直見ているとやっぱり飽きてしまうのは私もそう。このような大きなレイアウトの場合は色々な場所から色々な角度から見る事ができるのでやはりファンにとっては嬉しい。

さて今日の買い物はこちら。



TOMIXのN700系Z0編成のうち、増結Bと増結Cの2セットを購入。右の基本セットは今から2年くらい前に購入しているが未だ走らせる事なく放置状態にあった。あとは来週火曜日にいつも利用している京都の模型店で35%値引きセールが行われるのでその際にZ0編成の増結AとN編成の基本、更にKATOのZ1編成の4両基本セットを買い、Nゲージの一連のN700系を揃える予定。今後は700系、100系、0系など、新幹線のバリエーションを増やしてレンタルレイアウトを訪れたいと思っている。

新幹線エキスパート | 模型店 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
レンタルレイアウト走行会Vol.2

場所:ポポンデッタ横浜ビブレ店

持参車両(全てKATO製品)

・E233系0番台中央線6+4両編成
・E233系1000番台京浜東北線10両編成
・E231系1000番台東海道線15両編成
・E217系横須賀・総武線15両編成 →  付属4両セットなしで11両編成のみで走行
・E231系500番台山手線11両編成 → 8両分のみ自分持ちであとはレンタル車両と組成
201系「四季彩」4両編成
・313系2500番台3両編成
・313系2300番台2両編成
・313系3000番台2両編成

レンタル車両(全てKATO製品)

・E231系500番台山手線7両!? → こちらは3両を私が持ってきたものと組成
・E231系1000番台近郊型8両

※最後の2つは併結して4両編成で運転

なぜ一部車両がレンタルレイアウトで走行できなかったのかというと、熱海で電車を降りる際に、座席上の棚に小さなブックケースを入れた灰色のバッグを忘れてきてしまった。忘れたと気づいたのは電車を降りてから25分後くらい。その後横浜駅到着時にJR東海の忘れ物センターに電話をし、折り返しが沼津行きだった為に沼津駅に届いている事が判明、帰りに沼津まで引取に行ってきた。



高架駅のホームに並んだKATO製のE233系0番台、1000番台。KATOでは現在はこの2種しかリリースしていないがTOMIXで11月頃に東海道線仕様の3000番台が発売されることとなった。ちなみにKATOのE233系中央線は6+4両の分割編成であるH編成のみのリリースだが、TOMIXでは10両貫通のT編成も発売されている。また6+4両分割編成はステッカーを使って青梅・五日市線用青編成に仕立てられるかもしれない・・・・。



2階の高架線を快走する京浜東北のE233系。

続いて1階にあるローカル線。鉄橋や川、山間部のトンネルが続くレーンを313系が走る。



まさかのまさかで流し撮り成功。2500番台が3両で島田〜金谷間あたりを疾走するイメージ。



こちらは流し撮りはせず、待機して撮影したやつなのでやや状況が分かり辛い。前2両が2300番台、後2両が3000番台で実際帰宅する際にもこのような編成に遭遇している。

こちらにはE217系とE231系もおり、時々313系と入換を行っている。その留置線として駅の停車線を活用した。



2ユニットの313系が留置されている傍らで高速でE217系とE231系が通過していく。



当初はこのレイアウトでは15両で走らせるのは少し無茶かなと思っていたのだが意外にも15両で走らせる事が可能である事に気づいた、ただ今回はE217系の付属4両が欠場中なので敢えて東海道線のE231系に関しても付属編成との組成を見送った。

今回のレンタル時間は2時間。1時間経過後にもう1レーンを借りた他、車両のレンタルまでもを行った。



今回、内回り運転時の前3両が欠場中のE231系500番台山手線。車両のレンタルで欠場部分を補う形をとった。



こちらはレンタル部分の先頭車。レンタル車両はかなり粗末で、パンタグラフが取り付けられておらず、時には電車なのにパンタグラフが全く取り付けられていないものもある。この山手線に関してもM車のパンタグラフはなかった。それに写真にもくっきりと写っているが運転席の窓に目立つ傷があった。



同じくレンタルしたE231系。近郊型の初期車で宇都宮線、高崎線の線内運用と宇都宮線ー横須賀線間の湘南新宿ライン運用にも入る編成だ。今回は8両編成でレンタルし、行き先表示は湘南新宿ライン横須賀線直通となっている。





隣を京浜東北線E233系が走る。

そして自分持ちではなく他人の車両の撮影までも行った。



本日、私の手元にも届いた14系「はやぶさ・富士」。私はまだ取り出してはいないのだが、見た感じは機関車に部品を取り付けておらずかなり新鮮であった。



さよなら富士・はやぶさセットには機関車が計4台も付属しており、価格が45,000円近くにも達している。私も半分親に投資してもらい購入することができた。バイト代とかが入ったら返せばいいだけ。

あと、更新が滞り過ぎてすみません。

































新幹線エキスパート | 模型店 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ザッと

ポポンデッタで、私の近くを走っていた近鉄の車両





下は9820系だと思うが、上は何系やら・・・?

次にModels IMON横浜店で見た物。



まだ売れ残っているんか!! 以前同じ趣味を共有する知人から、「なは・あかつき」セットは専門店では売れているが量販店では売れ残りが目立つという情報を手に入れた事があるが、この模型専門店でも売れ残りは目立っている。ちなみに昨日、相鉄の撮影を終えてからビブレへ向かう途中、某予備校○○塾(超新塾ではありません)の横にあるホビーステーションという模型店に立ち寄った。そこは主に中古模型専門らしく、最近移転してきたとの噂が・・・・。私も中古品を何点か買ったが、そこには「さよなら銀河セット」が2つも売れ残っていた。春に苦労して買ったのは一体何だったんだろう・・・。

新幹線エキスパート | 模型店 | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ポポンデッタ横浜店

ポポンデッタ横浜店は、横浜駅の相鉄口から徒歩3分程の場所にあるビブレ横浜店の8階にある。

今回、近くの浜西ビルにあるModels IMON 横浜店で8月下旬頃に発売されたJR東海313系2300番台、2500番台を購入、相鉄平沼橋駅まで1往復してきてからビブレの中に入った。

なぜポポンデッタに行こうと決めたのかというと、8月のJAM(国際鉄道模型コンベンション)でポポンテッタの出展の前を通った際に貰ったチラシに、レイアウト30分走行無料券と中古品10%OFF券が付いていたからだった。今日は2両編成の2300番台と3両編成の2500番台にそれぞれ1つずつのレーン、計2レーンを予約した。1レーンは無料券を使用し、もう1レーンは1時間分の料金を支払って借りたものの、結局は30分で走行を終えてしまった。



元々、会計の時に店員さんにお願いして箱に入っていた2300番台2両を2500番台3両が入ったブックケースに移して頂いた。寧ろ3両でブックケースとはやや余りすぎのような気がする。



実車。実車には実を言うとローカル線対応の2600番台というのがある。これに関しては2500番台と編成記号が異なる。今から、JR東海静岡支社所属313系の編成記号を簡単に纏める。

2300番台・・・・W
2500番台・・・・T
2600番台・・・・N
3000番台・・・・V

この写真は後に「鉄出張!!」 http://panorama-view.jugem.jp/ での資料用に残しておいたのだが、読者に対して分かりやすくする為に敢えて載せている。

まず、ポポンデッタ横浜店のお客様走行用常設レイアウトを紹介しよう。



計10路線、10個のパワーバックが並んでいる。ポイント切り替えはボタンワンタッチで行う事が出来る。上段と下段がある。



まず上段は主に都心からかなり離れた田舎地域をモチーフに製作されている。ガード下に佇む1件の民家や駅舎とホームだけという、まるで都市近郊では見られないような駅までもが配置され、風情を感じてしまう。



下段のイメージは都市近郊を再現。近郊部では橋上式駅舎が多く、最近ではバリアフリー化も進んでいる。また駅周辺には飲食店や銀行などの小さな繁華街が広がり、小型のオフィスビルまでもが建っている。写真左側は教習所だ。

今回は2両と3両なのになぜか2線も借りている。たった30分の間に試運転を行った。



高架の駅に並ぶ313系2編成。実際に静岡駅や浜松駅がこのようなタイプとなっており、県の中心部を発着している光景に近づいている。今回は静岡駅だと思って見ていって欲しい。



313系2500番台3両編成による浜松行き普通列車が出発。ちなみに方向案内は既に取り付けられた状態で販売しているので買ってすぐに走らせる事ができる。屋根上のアンテナも取り付け済みだ。



313系2300番台2両編成による沼津行き普通列車が静岡駅に近づいている。東海道線で2両で走るという事はあまりない。どうせなら既に持っている3000番台と併結して4両で楽しみたいところだ。







2両編成の2300番台を撮影用に別の線路へ転線させた。実車に関しては「鉄出張!!」 http://panorama-view.jugem.jp/  で後日紹介する。



3両編成の2500番台。今後2600番台や3000番台の増備車もKATOでリリースして欲しいと願っている。



安倍川(イメージ)鉄橋に差しかかろうとする313系。実際は安倍川鉄橋に入るまではこんな急なカーブはない。



下り列車と行き違うように上り列車が安倍川を通過し、静岡駅に近付いている。



後続の普通列車もトンネルを潜り、スピードを上げて直線区間を一気に駆け抜ける。

今回はあまり楽しむ事が出来なかったが次回は平日金曜の学校帰りに立ち寄って、全線貸切で長編成の車両を数時間にわたって走らせてみたいものだ。

ただ大量のブックケースをトランク等に入れて大学まで持っていくのは大変。そんな方には



車両のレンタルまである。山手線E231系や京浜東北線209系など、様々なバリエーションの車両を借りて走らせる事が可能だ。1時間200円以内で借りることができるのでたまたま手持ちの車両がない場合もしくは手持ちの車両と同じ車両を借りてすれ違いを楽しみたい場合に車両を借りて遊ぶ事が出来る。

最近このブログは更新が滞り気味なので前日のアクセス数が何と4という、過去最低を記録した。実際、Go to heavenでは400以上、「鉄出張!!」でもようやく100を超えるようになったことから、このブログも頑張らねばと思う。

新幹線エキスパート | 模型店 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |